上流の医療からみた耳管機能障害の治療#休日耳鼻科

耳管は、顔の中心に存在し、耳と鼻をつないでいる管です。中耳炎の原因となるだけではなく、耳がつまった感じや自分の声がひびくときは耳管機能障害の可能性があります。

耳管機能障害

進行すると、めまいや難聴がおこることがあります。耳管開放症は、耳管が開きっぱなしになって起こりますが、特に治療が難しいとされてきました。院長は、様々な薬剤(ルゴール、ジェルなど)を混合し耳管内に注入することにより、耳管機能障害が症状ならびに検査結果が改善することを見いだし多くの学会にて発表しています。(三輪正人、他:耳管開放症における耳管咽頭口ジェル注入療法の検討 第4回耳管開放症研究会 2017など)

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

こんな症状でお困りではないでしょうか?#休日耳鼻科

こんな症状がある、長期にわたって改善しない、妊婦さんや授乳中などで禁忌や副作用の懸念がある方は迷わず受診してください。

  • 耳:かゆい、耳鳴り、聞こえない・・・
  • 鼻:匂いがわからない、鼻が乾く、かゆい・・・
  • 口:できものができている、ピリピリする、味がしない・・・
  • のど:飲み込みにくい、息苦しい・・・

クリニックで診断・治療できる病気には限りがあります。その場合は、ご相談の上、順天堂醫院、都立大塚病院、日本医科大学付属病院、癌研有明病院など、最適と思われる施設に責任を持ってご紹介いたします。

こんな症状でお困りの場合は迷わず当院へ

 

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

残暑お見舞い申し上げます。#休日耳鼻科

残暑お見舞い申し上げます。

立秋も過ぎ、朝夕の風がほんの少し涼しくなっている気がいたします。
秋風がやってくるのはもう少し先でしょうか。
皆様どうぞお健やかにお過ごし下さいませ。 

残暑お見舞い金魚

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

手作りの診療・体に優しい診療#休日耳鼻科

薬を処方するだけが診療ではありません。当クリニックでは、できるだけ薬を出さないよう努力しています。
例えば、咳止めは脳内の咳中枢に効くお薬で、決して気道の炎症を改善する薬ではありません。内服や注射により耳や鼻の粘膜に行く薬の量は驚くほど少ないのが現実です。そのため、病気の現場である局所の状態を改善することが最も重要な目標であると考えます。
文献
当クリニックでは、古くからおこなわれている処置法を、独自の研究成果に基づいて改善しておこなっています。また、ヨーロッパで開発された機器を導入し、光線療法や低侵襲手術をおこなうことにより体に優しい治療を心がけています。

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

上流の医療からみたアレルギー性鼻炎の治療#休日耳鼻科

アレルギー性鼻炎の診療は、採血による抗体検査をおこない、その結果にかかわらず内服薬と点鼻薬を処方するだけだと思っていませんか。それでだめなら鼻粘膜上皮をレーザー焼灼を考えますか。
実は、花粉やダニなどでおこるアレルギー性鼻炎、アレルゲンによるものではない非アレルギー性鼻炎の治療はそのほかにも沢山あります。受診されたときには、お示ししている図を中心に、丁寧にご説明しながら、あなたの最良の治療を共に考え、step by stepで行いたいと思っています。

アレルギー性鼻炎

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

123>|next>>
pagetop