NHK BS プレミアム『美と若さの新常識』に出演しました。

6月11日、NHK BSプレミアムの『美と若さの新常識〜カラダのヒミツ〜 ドライシンドロームを防げ!粘膜美人の秘けつ』に出演いたしました。

再放送は、6月15日(月) 午後11時45分〜 午前0時45分です。

NHKオンデマンドでも視聴できます。

https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2020108085SA000/?capid=nte001

NHK美と若さの新常識ロゴ

 

「ドライノーズ」を長年研究する耳鼻科医として登場します。

NHK出演三輪正人NHK出演診察室

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

フジテレビのノンストップ!に出演しました。『マスクが無くてもできる花粉対策』

本日(3月12日)、フジテレビの情報番組ノンストップ!に出演しました。

今年は、新型コロナウイルスの影響でマスクが不足し、入手も困難な状況です。
マスクでもウイルスは入ってきますが、それでもマスクがいいのは、気道粘膜が保湿され、粘膜上皮のバリア機能があがってウイルスを撃退することができます。マスク不足の現在、マスクがなくても花粉症対策はできます。

そこで、マスクが無くてもできる、花粉対策2つを情報番組で紹介いたしました。

ノンストップのロゴ

1.ワセリンなどを塗って「粘膜のマスク」を作ることができます。

鼻の穴の周りや下の部分にワセリンを薄く塗ります。さらに、綿棒にワセリンを少量つけ、鼻の内側の部分(5ミリほど)に軽く塗ります。花粉が鼻の中に入る前に、粘着力のあるワセリンにくっつくことによって、花粉の侵入を防ぎます。お出かけの際には、何度か塗りなおす方がいいと思います。

※ワセリンは、薬局やドラッグストアで誰でも購入できます。

 

2.衣服のコーディネートで花粉がつきにくくなります。

花粉は電荷を帯びていますので、静電気が起きにくい服を選ぶと、花粉が付着しにくくなります。

例えば、帯電しやすいアクリル/ポリエステル系とナイロン/ウール系をいっしょに着ると、服がこすれた時に静電気が起き、花粉を呼び寄せてしまいます。同じ系統なら、静電気は起きにくく花粉も付きにくくなります。綿や麻は、そもそも帯電しにくいという性質を持っているので、静電気も起きにくいです。

服のコーディネートを考える時には、できるだけ静電気が起きにくい素材の組み合わせにするといいと思います。

 

どちらも花粉を付けないという予防策です。重い症状がある方は、専門医のいる耳鼻咽喉科で受診されることをお勧めいたします。

 

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

『患者さんのためにクリニックでしかできない「上流の医療」を』診療研究10月号に掲載

東京保険医協会の月刊誌『診療研究10月号』に、インタビュー記事『患者さんのためにクリニックでしかできない「上流の医療」を』が載りました。『ルポ 第一線医療』のコーナーです。インタビュー

◎「上流の医療」とは何か
川の流れの上流である、症状が出始めの初期のこと。そこで治療すれば治るのに受診しない(あるいはできない)・・・

◎「クリニックだからこそ」できること
開業してこそできること、大学ではできないこと、クリニックでできることは・・・

◎学びに真っ直ぐ、しなやかに生きる
大学の男性医師で初めての育児休暇を取得・・・

 

 

ご高覧いただければ幸いです。

 

月刊誌表紙と目次

JUGEMテーマ:ドライノーズ

TBSあさチャン!に出演しました。

昨日(11月7日)、TBSのあさチャン!に出演しました。
今年9月の段階でインフルエンザの患者数は去年の10倍に及んでいます。さらに東京ではここ2週連続で患者が増加傾向にあります。大気の乾燥により、鼻のバリア機能が低下している”ドライノーズ”となり、インフルエンザウイルスが入りやすくなってしまうことについてお話しました。

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

『ドライノーズから鼻を守ろう』ヘーベリアン秋号に掲載

ドライノーズについての解説が『ヘーベリアン秋号』(旭化成ホームズ)に掲載されましたのでご紹介いたします。

へーべリアン

JUGEMテーマ:ドライノーズ

1234>|next>>
pagetop