『10代の4人に3人は花粉症と自覚 若い世代の割合が高い理由とは?』 ウェザーニュースに掲載

花粉症についての解説がウェザーニュースに掲載されました。
以下に記事の一部をご紹介いたします。


花粉症に世代差あり!?
このような結果に対し、はりまざかクリニック院長で順天堂大学客員教授の三輪正人先生は、スギ花粉による花粉症という日本特有の状況と、子どものアレルギーの増加を指摘しています。

Weathernews_20190506

スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」より
2019年3月15日〜16日に実施、9361人が回答


「花粉症は、花粉が鼻などの粘膜から侵入した際、体内の免疫機能が “侵入者”として認識してしまい、再び花粉が侵入したときに反応して発症するアレルギー反応です。スギは、戦後に大量に植林され、その成長とともにスギ花粉の飛散量が増えました。若い世代は、免疫機能が十分発達していない幼い頃から花粉にさらされ、花粉症を発症しやすくなっていることが考えられます。

 

日本だけでなく、世界的に子どものアレルギーが増えています。アレルギーマーチ(行進)とも言われていますが、アトピー性皮膚炎などを発症すると次々とほかのアレルギー疾患を発症することが多く、花粉症も発症しやすくなるのです」(三輪先生)

 

全文はウェザーニュースのサイトでご覧ください。
2019/05/06 11:31 ウェザーニュース
 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

pagetop