新型コロナウイルス感染症が影響をうけない条件

Le microbe n’est rien, le terrain est tout.
The microbe is nothing, the terrain is everything.
病原体は問題ではない。土壌が肝心だ。

ルイ・パスツールの言葉を引用しました。

covid19

 

会員となっているヨーロッパ呼吸器病学会の機関誌に、中国からのデータとして、新型コロナウイルス感染症は

気温の上昇や紫外線の増加には影響をうけないと最近報告されました。( No Association of COVID-19 transmission with temperature or UV radiation in Chinese cities. Ye Yao et al. Eur Resp J )。

微生物はなくなりません。それにどう我々が反応してつきあっていくかが大事になってくると思います。その観点からも、当院ではいろいろな選択肢を用意しておりますので、気軽にご相談ください。

※イメージ画像は、株式会社バイタリフィさんの新型コロナウィルス(2019-nCoV)3Dモデルを使用しています。

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

耳、鼻、のどの交差点で顔の中心にある耳管

東京理科大学理工学部朝倉研究室との共同研究の成果として、小野田くんが、修士論文「音響法に基づいたポータブル耳管機能検査装置の開発と自動診断への応用」を無事書き上げました。酒見さん、野原さん、倉野先生などをはじめとする皆様方のご指導、はりまざかクリニックの患者さんのご協力の賜と感謝します。

故小野田少尉の一族の彼は、持ち前のバイタリティで新しい世界を切り開いてくれました。その彼が大学を離れるのは寂しい限りですが、後輩の石井くんが研究を引き継いでくれるようです。小林先生、大島先生など多くの日本の研究者が世界をリードしているこの分野ですが、今後も、病態の解明、セルフケア法の確立に微力を尽くしたいと思っております(茗荷谷のロシア料理ソーニャでの写真です)。

ロシア料理ソーニャで小野田くんと

 

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

フジテレビのノンストップ!に出演しました。『マスクが無くてもできる花粉対策』

本日(3月12日)、フジテレビの情報番組ノンストップ!に出演しました。

今年は、新型コロナウイルスの影響でマスクが不足し、入手も困難な状況です。
マスクでもウイルスは入ってきますが、それでもマスクがいいのは、気道粘膜が保湿され、粘膜上皮のバリア機能があがってウイルスを撃退することができます。マスク不足の現在、マスクがなくても花粉症対策はできます。

そこで、マスクが無くてもできる、花粉対策2つを情報番組で紹介いたしました。

ノンストップのロゴ

1.ワセリンなどを塗って「粘膜のマスク」を作ることができます。

鼻の穴の周りや下の部分にワセリンを薄く塗ります。さらに、綿棒にワセリンを少量つけ、鼻の内側の部分(5ミリほど)に軽く塗ります。花粉が鼻の中に入る前に、粘着力のあるワセリンにくっつくことによって、花粉の侵入を防ぎます。お出かけの際には、何度か塗りなおす方がいいと思います。

※ワセリンは、薬局やドラッグストアで誰でも購入できます。

 

2.衣服のコーディネートで花粉がつきにくくなります。

花粉は電荷を帯びていますので、静電気が起きにくい服を選ぶと、花粉が付着しにくくなります。

例えば、帯電しやすいアクリル/ポリエステル系とナイロン/ウール系をいっしょに着ると、服がこすれた時に静電気が起き、花粉を呼び寄せてしまいます。同じ系統なら、静電気は起きにくく花粉も付きにくくなります。綿や麻は、そもそも帯電しにくいという性質を持っているので、静電気も起きにくいです。

服のコーディネートを考える時には、できるだけ静電気が起きにくい素材の組み合わせにするといいと思います。

 

どちらも花粉を付けないという予防策です。重い症状がある方は、専門医のいる耳鼻咽喉科で受診されることをお勧めいたします。

 

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

スタッフからの一言(医療事務)#休日耳鼻科

はりまざかクリニックでは一緒に働く仲間を募集しています!応募する皆様へ、当院で活躍しているスタッフの一言をご紹介いたします。

〜医療事務(女性)より〜

★入職の動機
以前の職場は病院の受付業務が中心でしたので、クリニックで医療事務としての専門的かつ幅広い経験を積みたいと思い、当院への入職を希望しました。

★当院で働いてよかったこと
先生や他のスタッフの皆さん方がとても優しく、分からないことや間違えてしまったことも丁寧に教えてくれたり、相談に乗ってくれるので、一人で不安を抱えることがなく、とても安心して働くことができています。毎月第3土曜日からは3連休です。また、駅から職場までが近く通いやすい所も良かったなと思います。。

★応募する方へひとこと
土日も診療していますが、スタッフは勤務日、終業時刻についてフレックスで働けます。院内はとても綺麗で明るく、新宿も一望できます。「ひと味違う」クリニックで一緒に働けることを楽しみにお待ちしております。

はりまざかクリニックロゴ

TEL:03-6304-1510
9:45〜13:30、15:15〜19:30
(土日は18:30まで、月木は休み)
池袋、新宿が一望に見渡せる9階にあり、落ち着いた木の温もりを感じるインテリアのクリニックです。


募集要項


【勤務地】
文京区大塚1-5-18 大伴ビル9F 東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷駅」より徒歩2分

【勤務時間】
火水金 9:45〜13:30 15:15〜19:30
土日  9:45〜13:30 15:15〜18:30
パートさんは、午前・午後・1日のシフト制。 正社員さんは、週休2日制です。

【給与】
◆受付医療事務 [P]時給1300円以上 [社]月給20万円以上
◆看護師(正・准) [P]時給2000円以上 [社]月給30万円以上
試用期間3カ月あり。(待遇に変更なし)

【休日休暇】
月曜、木曜、祝日、毎月第3土曜・第3日曜(月曜休診のため3連休です)
夏季、冬季休みあります。

【待遇・福利厚生】
交通費全額支給、制服貸与、昇給あり。
[社]雇用保険、労災保険。
賞与は来年度より業績に応じて支給。

【応募方法】
クリニックにお電話していただけましたら幸いです。診療時間中でしたら対応可能です。よろしくお願いいたします。

【クリニック概要】
名称:はりまざかクリニック耳鼻咽喉科・アレルギー科
開院:平成31年2月26日
代表者:院長 三輪正人
所在住所:東京都文京区大塚1-5-18 大伴ビル9F
電話:03-6304-1510
事業内容:耳鼻咽喉科・アレルギー科・小児耳鼻咽喉科・気管食道科

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

<<back|<123456>|next>>
pagetop