『なぜ「鼻の保湿」が春の風邪予防に効くのか!?』 ウェザーニュースに掲載

春の風邪の予防について取材を受けた記事がウェザーニュースに掲載されました。
以下に記事の一部をご紹介いたします。


『なぜ「鼻の保湿」が春の風邪予防に効くのか!?』

・鼻粘膜のバリア機能
「この時期に風邪をひきやすいのは、冬の間に続いた低温と乾燥によって、鼻や喉の気道粘膜がダメージを受けていることと関係しています」と語るのは、日本医科大学耳鼻咽喉科学教授の三輪正人先生です。

・鼻粘膜は皮膚より乾燥しやすい
三輪先生の研究によると、「鼻の粘膜は、空気中の湿度が低いと、その影響を非常に受けやすく、著しく乾燥してしまいます。下図は相対湿度10%という乾燥した人工気象室における鼻上皮粘膜の変化ですが、鼻粘膜バリア機能を示す『鼻粘膜上皮間電位差』が有意に低下しています。

グラフ

・マスクで湿度を95%に上げる
春の風邪予防に一番よい方法は、「マスク」です。理由は、(1)ウイルスは鼻の入り口の粘膜でも増殖しやすいので、マスクはウイルスの侵入を防ぐだけでなく、(2)鼻の湿度を保つことができるからです。

・花粉症の人は要注意
保湿の方法はマスクのほかに、鼻に塗るタイプの保湿剤も効果的です。

イメージ画

全文はウェザーニュースのサイトでご覧ください。

2019/04/23 06:50 ウェザーニュース​

JUGEMテーマ:ドライノーズ

日経DUALに『花粉症から子どもを守る 発症前の予防ノウハウ』が掲載されました。

日経DUALに『花粉症から子どもを守る 発症前の予防ノウハウ』 が掲載されました。
「病気の予防は上流から。花粉症予防は上流にあたるドライノーズ対策が第一」です。
以下に記事の一部をご紹介いたします。
nikkeiBP_20190305
全文は日経BPのサイトでご覧ください。

日経DUAL(2019.3.5)
大人とは違う「子どもの花粉症」どう見極める?
日経DUAL(2019.3.15)
花粉症から子どもを守る 発症前の予防ノウハウ

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

よじごじDays『まだ間に合う!花粉症対策の新常識SP』に出演しました。

2019年2月28日(木)15:40〜16:54、テレビ東京「よじごじDays」に出演しました。
『まだ間に合う!花粉症対策の新常識SP』
番組内で、はりまざかクリニックで使用しているリノライトという医療機器が紹介されました。鼻粘膜の機能を改善させ、アレルギー性鼻炎を治療する、ヨーロッパ生まれのものです。自由診療となります。

 

当日の放送概要はこちら

https://kakaku.com/tv/channel=12/programID=73319/episodeID=1241943/

 

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

「ドライリスク」に注意を〜NHK総合「首都圏ネットワーク」

2017年1月19日(木)18:15〜18:20、NHK総合「首都圏ネットワーク」で「ドライリスク」について取材を受け、放映されました。

「ドライリスク」に注意を
ドライノーズになるとバリア機能が失われてウイルスなどが体内に侵入しやすくなる。花粉症やインフルエンザになる可能性も。予防として、
  • マスクをして鼻内の湿度を保つ。
  • 加湿器などで室内の湿度を40%前後に保つ。
  • 生理食塩水や保湿剤の点鼻で粘膜のバリア機能を上げる。

を紹介しました。
花粉、ウイルス、PM2.5やドライリスクにも負けないタフノーズを作ることが大事である点についても触れています。

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

TBSテレビ「あさチャン!」と「ひるおび!」で放映されました。

2017年1月18日(水)7:15〜7:25、TBSの情報番組 「あさチャン!」で、インフルエンザの増加との関連性を持つ「第三の乾燥」としてドライノーズについて取材を受け、放映されました。

また同日10:25〜10:30、TBSの「ひるおび!」でも「ドライノーズについて」と題して放映されました。

 

「インフルエンザ感染リスク高・ドライノーズとは?今月末から流行ピーク」
東京では5日間連続で乾燥注意報が出されているそうです。
湿度が低くなると、鼻の粘膜が乾燥しドライノーズになります。
鼻の粘膜は外部からの病原菌やウイルスの50〜80%をカットしていますが、ドライノーズになり鼻の粘膜が炎症を起こすと、このバリア機能を失ってしまいます。そのため、ウイルスが入りやすくなり、インフルエンザにかかりやすくなってしまうのです。

 

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

<<back|<1234>|next>>
pagetop