2009年の主な学会発表

▼ヒト鼻粘膜上皮におけるフィラグリンの局在
  三輪正人, 狩野信和,他
  第27回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
  千葉、2009.2

▼抗原感作マウスの鼻粘膜血流および上皮間電位差に対するプロスタグランディンD2受容体の関与
  中島規幸, 三輪正人,他
  第27回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
  千葉、2009.2

▼A new model for analyzing the flow effects on electrical barrier of nasal epithelium
  Miwa M, Watanabe K.
  55th annual meeting of the American Rhinologic Society
  Philadelphia、2009.4

▼鼻疾患の局所療法についての生理学的検討
  −生理食塩水と局所ステロイド剤についての基礎的エビデンス−
  三輪正人, 阿部実恵子,他
  第110回日本耳鼻咽喉科学会総会
  東京、2009.5

▼外来診療における器具の環境調査について
  中島規幸, 三輪正人,他
  第110回日本耳鼻咽喉科学会総会
  東京、2009.5

▼Measurement of transpithelial water loss of human nasal mucosa in various conditions
  Abe M, Miwa M, et al.
  The ENT WORLD CONGRESS IFOS 2009
  San Paulo、2009.6

▼上気道におけるフィラグリンの発現
  三輪正人, 狩野信和, 他
  第21回日本アレルギー学会春季臨床大会
  岐阜、2009.6

▼ドライノーズと上皮バリア機能
  三輪正人
  第55回関東耳鼻咽喉科アレルギー懇話会
  東京、2009.9

▼ビタミンCと水素水の鼻粘膜上皮バリア機能に対する効果
  三輪正人, 阿部実恵子,他
  第48回日本鼻科学会
  島根、2009.10

▼保湿剤点鼻によるヒト鼻粘膜上皮バリア機能の変化とその持続時間
  狩野信和, 三輪正人,他
  第59回日本アレルギー学会秋季学術大会
  秋田、2009.10

▼抗酸化剤点鼻によるヒト鼻粘膜上皮バリア機能のup-regulation
  三輪正人, 阿部実恵子,他
  第59回日本アレルギー学会秋季学術大会
  秋田、2009.10

2008年の主な学会発表

▼脂質メディエーターからみたアレルギー性鼻炎診療のポイント
  三輪正人
  埼玉県アレルギー性鼻炎診療Strategy2008
  さいたま、2008.4
  

▼上皮の電気的バリア機能からみた咽喉頭酸逆流症の発症機序
  三輪正人,山口晋太郎, 他
  第109回日本耳鼻咽喉科学会
  東京、2008.5
  

▼過酸素によるPC12細胞カリウムチャネル活性の抑制
  三輪正人, 渡辺建介
  第26回頭頸部自律神経研究会
  大阪、2008.8
  

▼初代培養気道粘膜上皮の電気的バリア機能に対する酸およびPPIの効果
  三輪正人, 狩野信和,他
  第9回炎症とPPI研究会
  京都、2008.8
  

▼Alterations of transepithelial water loss and electrical potential differences of human
  nasal mucosa after nasal pollen challenge

  Miwa M, Hirose T,et.al
  54th annual meeting of the American Rhinologic Society
  Chicago、2008.9
  

▼生理食塩水の鼻洗浄による鼻粘膜上皮バリア機能のup-regulation
  阿部実恵子,三輪正人, 他
  第47回日本鼻科学会
  名古屋、2008.9
  

▼鼻粘膜の電気的特性とPGD2
  三輪正人
  アレルギー性鼻炎治療研究会第8回セミナー
  東京、2008.1
  

▼気道上皮におけるシアストレス解析装置の開発
  三輪正人, 渡辺建介
  第58回日本アレルギー学会秋季学術大会
  東京、2008.11
  

▼初代培養気道上皮細胞のバリア機能に対する荷電性の影響
  三輪正人,中島規幸, 他
  第58回日本気管食道科学会
  熊本、2008.11
  

2007年の主な学会発表

▼古典的局所治療薬の培養気道上皮細胞の電気的バリアに対する効果ー咽喉頭酸逆流症の局所治療の可能性ー
  三輪正人、岩崎洋子、他
  第25回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
  甲府、2007.3
  

▼慢性副鼻腔炎に対するラマトロバンの有効性
  狩野信和、三輪正人、他
  第25回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
  甲府、2007.3
  

▼局所ステロイド剤噴霧による鼻粘膜水分蒸散量の変化
  三輪正人、廣瀬壮、他
  第27回気道分泌研究会
  鹿児島、2007.4
  

▼気道上皮バリア機能障害に対する局所療法についての電気生理学的一考察
  三輪正人、中島規幸、他
  第108回日本耳鼻咽喉科学会総会
  金沢、2007.5
  

▼慢性副鼻腔炎の治療における抗アレルギー剤の有用性
  狩野信和、三輪正人、他
  第19回アレルギー学会春季臨床大会
  横浜、2007.6
  

▼局所治療による対する気道上皮細胞の電気生理学的評価
  中島規幸、三輪正人、他
  第19回アレルギー学会春季臨床大会
  横浜、2007.6
  

▼鼻副鼻腔粘膜における水・電解質の移動:気道粘膜上皮における水移動の病態―電気生理学的にみた治療法の選択―
  三輪正人
  第43回鼻科学基礎問題研究会
  宇都宮、2007.9
  

▼PGD2点鼻後の鼻粘膜の血流と上皮間電位差の変化
  ―CRTH2ノックアウトマウスとラマトロバンにおける検討―

  中島規幸、三輪正人、他
  第57回日本アレルギー学会秋季学術大会
  横浜、2007.11
  

▼気管の酸暴露モデルの作成とプロトンポンプインヒビターの効果の検討
  三輪正人、山口晋太郎、他
  第59回日本気管食道科学会
  前橋、2007.11
  

▼Asthma Control Test(ACT)を用いた気管支喘息患者の臨床的検討
  一和多俊男、三輪正人、他
  第59回日本気管食道科学会
  前橋、2007.11
  

▼気道上皮におけるバリア機能の評価法―初代培養モルモット気道上皮細胞-in vitro-およびヒト鼻粘膜-in vivo-での検討―
  三輪正人、三輪真由美、他
  第18回細胞間ジャンクション研究会
  東京、2007.12
  

2006年の主な学会発表

▼Alteration of Epithelial Water Loss in Human Nasal Mucosa in Health and Disease.(※)

  Miwa, M., Nakajima, N., Matsunaga, M. and Watanabe, K
  29th MidWinter Meeting of the Association for Research in Otolaryngology
  Baltimore、2006.2

▼気道粘膜上皮のバリア機構に対する高張食塩水の作用点
  三輪正人、松永真由美、他
  第24回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
  鳥羽、2006.3

▼ヒト鼻粘膜水分蒸散量の病態による変化
  松永真由美、三輪正人、他
  第24回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
  鳥羽、2006.3

▼気道上皮の物質透過性について
  中島規幸、三輪正人、他
  第24回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会
  鳥羽、2006.3

▼鼻粘膜上皮バリア機能障害の診断法としての鼻粘膜水分蒸散量測定の有用性
  三輪正人,渡辺建介,他
  第107回日本耳鼻咽喉科学会
  東京、2006.5

▼当科における内視鏡下鼻内手術での治療効果の解析
  岩崎洋子, 三輪正人, 他
  第107回日本耳鼻咽喉科学会
  東京、2006.5

▼喫煙によるヒト鼻粘膜上皮バリア機能の変化(※
  中島規幸,三輪正人,松永真由美 他
  第45回日本鼻科学会
  四日市、2006,9

▼局所ステロイド噴霧療法によるヒト鼻粘膜バリア機能障害の改善
  廣瀬壮, 三輪正人,松永真由美,他
  第45回日本鼻科学会
  四日市、2006,9

▼アレルギー性鼻炎患者に対する鼻粘膜水分蒸散量・上皮間電位差測定の検討(※)
  山口晋太郎, 三輪正人, 他
  耳鼻咽喉科臨床学会
  金沢、2006.6

▼スギ花粉抗原鼻粘膜誘発前後におけるヒト鼻粘膜上皮バリアの変化
  三輪正人, 渡邉建介,他
  第18回日本アレルギー学会(春季)
  東京、2006,6

▼鼻粘膜保湿とタバコの関係
  中島規幸, 三輪正人, 他
  第18回日本アレルギー学会(春季)
  東京、2006,6

▼当院で最近経験した急性乳様突起炎症例について
  許芳行, 松永真由美, 他
  第16回日本耳科学会
  青森、2006,10

<<back|<2425262728293031>|next>>
pagetop