医療費について#休日耳鼻科

当院で行っている主な検査・手術などの医療費はホームページでご案内しています。

保険診療は定められている公定価格で行われますが、計算方法は少し複雑です。血液検査でも、検査料金に採血料、判断料がプラスされます。処置料はそれぞれ別に算定されます。

自由診療についても、アンチエイジングのメニューはホームページでご覧いただけます。

新しい治療法については、個々のご相談となります。ご心配事がありましたら、遠慮なくご相談ください。

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

優しい治療とは#休日耳鼻科

皆さんはお肌に高出力レーザーを照射して焼け焦げにしますか?お肌は私たちの体を外敵から守ってくれる重要な働きをしています。粘膜も一緒です。そのため、当クリニックでは、粘膜上皮をターゲットに焼灼するレーザー治療をおこなっておりません。

当クリニックではその代わり、粘膜上皮機能を整えてあげる光線療法(リノライト ※写真参照)を一つの選択肢として用意しています(自由診療)。

また、鼻粘膜の腫れがひどい方には、粘膜下を焼灼する凝固療法をおこなっています(保険診療)。

これは粘膜下腺細胞も変性させることもでき、鼻閉・鼻漏とも非常に効果的です。

 

お肌や粘膜の表面をおおっている上皮細胞は毎日生まれ変わっています。そのため、ご自分ではみることが難しい中耳炎、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、喉頭炎などの局所の状態を、毎回受診時にモニターで一緒に見てもらい、現在の状態の情報を共有して、ご相談しながら診療をすすめています。

 

リノライト

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

第37回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会

 8月24日(土)、恒例のグランビアホテル大阪にておこなわれた第37回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会で発表して参りました。この会は関西医大耳鼻科主導で作られましたが、当初頭頚部自律神経研究会として発足しています。研究人生の最初は神経化学をメインテーマにしていた私にとっては、その後の研究課題をいろいろ教えていただけた思い出深い非常にためになる素晴らしい会です。
今回は日本医大形成外科との共同研究で、振動圧刺激を気道粘膜に与えるとヒスタミンによるCaイオンの変化が抑えられたことを発表しました。携帯のブルブルを鼻に当てると鼻閉が治るというネットで話題になっていた12年前、身近な耳鼻科医がテレビ局から取材を受けていました。私自身そのときは懐疑的でしたが、現在は真面目に調べてみようと思ったりしています。

 

(第37回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会のプログラムより)

発表演題

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

Allergic Night 第13回 開催のご案内

 下記の通りAllergicNight 13thを開催させて頂く運びとなりました。
 順大アトピー研中野先生の食物アレルギーとNotchシグナルのお話、大阪はびきの医療センターの川島先生による女性医師の活躍の場を広げるためのご提案、RIZAPと東大で肥満治療の寄付講座を立ち上げている松波先生のご講演が予定されています。
 本会は、実地臨床に直結したホットでいきがよい話題を取り上げ、研鑽していくことを目的として、私が順大耳鼻咽喉科常勤だった頃にはじめさせていただいた会ですが、現在順大耳鼻科・皮膚科だけではなく、多大学の医師により運営されています。水道橋の隠れ家・庭のホテルに、お食事がてら、ふらっとお越しいただけますと幸いです。

 

  • 日時 :平成31年9月19日(木)19:00〜21:00
  • 場所 :庭のホテル 2階「燦」[アクセス]
    東京都千代田区三崎町1-1-16[tel:03-3293-0028]
  • 参加費:1,000円

 

AN13thのプログラム

 

JUGEMテーマ:ドライノーズ

<<back|<12345678910>|next>>
pagetop